賑わいをみせている産業|育毛剤のランキングサイトで商品をチェック

性別による脱毛対策の違い

頭を触る女性

原因の違い

脱毛や薄毛は男性に多いイメージですが、加齢やストレス、疾患などによって女性にも見られる症状です。体質の違うため男性の発毛剤は女性にとって効果が強すぎることがあり、近年では女性の体質に特化した発毛剤や治療が広まっています。女性が発毛治療を受ける際は、まずは男性のケースとどのように症状の原因が違うかを知ることが大切です。基本的に脱毛や薄毛は男性ホルモンが多いことで起こるため、男性は必然的に女性より症状が出やすくなります。一方、女性は更年期や加齢によって女性ホルモンの量が低下するため、相対的に男性ホルモンの値が高くなって症状が出ます。そのため、女性の発毛対策では女性ホルモンの量を改善していくことが目指されます。

改善のための3つの要素

性別に関わらず、発毛治療には処方薬やシャンプー型の発毛剤が用いられることが多いですが、このような治療は生活習慣の改善を前提としています。特に重要なのが睡眠と食事、運動の習慣です。身体の細胞は睡眠中に回復していくため、十分な睡眠は発毛の促進に必須です。睡眠の質も重要となり、寝具の改善や泥酔による浅い睡眠を避けるなどが効果的です。食事では特に毛髪を含めた身体の様々な部位の原料になるタンパク質を重視することが大切です。タンパク質を多く含む肉料理は太るイメージがあり、女性は避けがちです。しかし、主食の炭水化物の量を減らすことで肥満を回避できます。また、運動は代謝をアップさせるだけでなく、適度な疲労感で質の良い睡眠に繋がります。以上のように、睡眠・食事・運動の3つの要素を意識しながら発毛剤や発毛治療を利用していくことが大切です。